LOWDOWN KIT®解説

LOW DOWN KIT®に興味を持って頂いたお客様
または既に購入されたお客様、ありがとうございます。

設計者 モト・コムの中山です。

下記に商品について詳しい説明をします。
大切な事柄も含まれるので長い文章ですがお付き合い下さい。

取り付け方法につきましてはLOW DOWN KIT®取り付け解説ページをご覧ください。

LOWDOWN KIT カタログ

商品ラインナップにつきましては
LOW DOWN KITカタログページをご覧ください。

【登録商標】

まずLOW DOWN KIT®は神戸のMOTO-COMの登録商標ですので
『他社製品はLOW DOWN KIT®ではない!』
という前提で話をさせていただきます。


NoImageNew

【開発設計】

LOW DOWN KIT®発売以前の
1984年にソフテイルモデルが発売されてすぐから
「車高が下げられないのか?」との要望が多くありました。


ldk01-50-2

1986年に試作して数台のソフテイルに取り付けて
実際に市内で走行に使って
合計の走行が2万Kmを超えた時点で何の不具合も起こらなかったことを確認の上
1988年に販売を開始しました。

【販売台数とクレーム】

LOW DOWN KIT®は1988年の発売以後
国内で取付ベース3000台を超えるソフテイル系に
使用されています。

 


パーツの不良や設計の不備でのクレームは 一件も起こっていません。

LOW DOWN KIT®はH-D社の設計以上には
スイングアームが動かないからです。

【底突き(ソコヅキ)】

取り付け部の
1999年までのバンジョー型ボルト部分のみと
2000年以降のオスのボルト部分のみを
取り換える方法によって
車高を下げるパーツへ交換しただけでは
H-D社の設計以上にスイングアームがストロークしてしまい
普通の速度で国道を走っていても底突きします。

 


NoImageNew

しかし、LOW DOWN KIT®ではH-D社の想定以外に底突きしません。

H-D社では万が一底突きした時の衝撃抑制のために
スイングアームが当たるフレーム部分にゴム足をつけています。
オイルタンクの後で、バイクに座った時のお尻の下側
外からは見えにくいところです。

【取り換えのオススメ】

何度も底突きしていると
ゴム足がバラバラになって外れてしまいます。
ほとんどの人はここで気が付きます。 


NoImageNew

次に当たるのはオイルタンクです。

オイルタンクが壊れるまで気がつかなかった話は聞きませんが
「よく底突きするな。」と思ったことがあるなら
早めにMOTO-COMのLOW DOWN KIT®への お取替えをオススメします。

【純正サスの調整】

純正サスは車高調整もダンパーの調整も出来ません。

純正工具にあるサスの丸い板を回す工具でできるのは
バネの硬さの調整のみです。

油圧ダンパーの調子を変えているのではありません。

ldk0083

バンジョー部分を取換えるタイプの車高下げパーツを付けたけれど やわらかすぎるので
丸い板を回してバネを硬く調整して使っているわけで

MOTO-COMのLOW DOWN KIT®とまったく同じことを 遠回しに行っています。

 

それならばパーツの取り付けが簡単で調整不要
不要になった際の取り外しが簡単な
LOW DOWN KIT®を選ぶべきでしょう。

【どれを選ぶか?】

ルックス重視なら5センチキット → フレームがまっすぐ見える様に設定しています。

乗り心地もローダウンとルックスのどちらも 捨てがたい → 3センチダウンの方をオススメします。

 

以下の元々低い車両には残念ですが使用することができません。

2010~ ソフテイルデラックス FLSTN
2010~ ファットボーイロー FLSTFB

 

MOTO-COMでは何センチ下がるかをライダーシートの高さで表しています。

他社ではリアフェンダーの高さで表しているところもありますが
一番気になるのはやはりライダーシートの高さであると思います。

同じパーツでも シート高よりフェンダーの方がたくさん下がる数値になります。

#0880011984年~1988年5センチDOWN
#0880251984年~1988年3センチDOWN
#0890011989年~1999年5センチDOWN
#0890251989年~1999年3センチDOWN
#0890012000年~2014年3センチDOWN
#0890252000年~2014年1.5センチDOWN

注1:#089001と#088025は
2000年以降に取り付けると1999年までの半分しか下がりません。

注2:5センチと3センチは略例的な呼び名で
正確には5センチ=2インチ=50.8mm 3センチ=1インチ=25.4mmです。

【取り付けたバイクの側面写真】

LOW DOWN KIT®未使用:ストック状態

LOW DOWN KIT®未使用:ストック状態

LOW DOWN KIT®3cm:3センチDown

LOW DOWN KIT®3cm:3センチDown

LOW DOWN KIT®t5cm:5センチDown

LOW DOWN KIT®5cm:5センチDown

【リムとリアフェンダーの間隔】

LOW DOWN KIT®未使用:約8cm

LOW DOWN KIT®未使用:約8cm

LOW DOWN KIT®3cm:3センチDown

LOW DOWN KIT®3cm:3センチDown

【フレームの直線性】

ストックの時:への字型

ストックの時:への字型

3センチDOWNの時:少しへの字形

3センチDOWNの時:少しへの字形

5センチDOWNの時:直線状に見える

5センチDOWNの時
:直線状に見える

【フレームとスイングアームのずれから検証】

ストック状態:フレームよりスイングアームは後ろにある

ストック状態
:フレームよりスイングアームは
後ろにある

3センチDOWN:フレームとスイングアームがそろっている

3センチDOWN
:フレームとスイングアームが
そろっている

5センチDOWN:フレームよりスイングアームが前にある

5センチDOWN
:フレームよりスイングアームが
前にある

mailby feather