004. Ignition

サンダンスエンタープライズ製の点火系に関連する商品です。

サンダンスの商品はモト・コムですべて取り付け・メンテナンスができます。
また、在庫にない商品は取り寄せ注文を受け付けます。
製品についての質問もまずはお気軽にご相談下さい。

エンジンチューニングや、オーバーホールをサンダンスで行ってほしいけれど
遠くてなかなか行けないという方でもモト・コムへ来られる方なら
モト・コムで車体から取り外して梱包後
サンダンスで作業を行うことを受け付けできます。

例えばクランク周りだけを取り外してバランス取りだけをサンダンスで行うなど
チューニングのキモになる部分だけをサンダンスで行うこともできます。
ご相談下さい。

価格についてモト・コムではなるべく最新のものを表示できるように努力していますが
価格改定により、最新価格ではない場合もあります。
最新価格についてはお問い合わせ下さい。

価格はすべて税抜き価格です。

Daytona Twin Tec TCFI-6&7-Japan Version

デイトナ ツインテック TCFI-6/TCFI-7 フルコントロールEFIシステム
ジャパンバージョン
2008~2013年 & 2014年~ ツーリングモデル インジェクションモデル用キット

TCFI6 / TCFI7

2014年~ツーリングモデル用(TCFI7)発売開始!!

きめ細かいセッティングができる故に、マッピングデーターの構築に2年の開発期間を要し
満を持して登場したツインテックのドライブ・バイ・ワイヤモデル専用EFI。
熟成された性能のみならず、
スロットル・バイ・ワイヤモデル専用としての安全機能
(アクシデント時も2000rpm以下を保持し、スロットルが全開になる危険性を排除)
も併せ持ちます。

フルキット ¥148,000‐(外税)
取付・セッティング・保守 ¥55,000‐(外税)
※2018年6月時の価格です。
最新の価格はお問い合わせ下さい。

※エキゾーストパイプの種類や年式によっては
別途O2センサー取付加工代がかかる場合があります。
詳しくはお問い合わせください。

【対応】

  • 2014~ ツーリングモデル
  • 2008~2013 ツーリングモデル
Daytona Twin Tec TCFI-5-Japan Version

デイトナ ツインテック TCFI-5 フルコントロールEFIシステム
ジャパンバージョン
2011~ Big Twin インジェクションモデル用キット

TCFI5

 

フルキット ¥148,000‐(外税)
取付・セッティング・保守 ¥55,000‐(外税)
※2018年6月時の価格です。
最新の価格はお問い合わせ下さい。

※エキゾーストパイプの種類や年式によっては
別途O2センサー取付加工代がかかる場合があります。
詳しくはお問い合わせください。

ツインテックJAPANオリジナルカーボンルック書類ケースも付属になりました!
C-TEKバッテリーチャージャー(¥25,000相当)もKITに含まれます。

【対応】

  • 2011 ソフテイル
  • 2012~ ソフテイル・ダイナ
  • 2014~ XLスポーツスター
デイトナ ツインテック TCFI-5 フルコントロールEFIシステム ジャパンバージョンについて

近年では、市販ガソリンもインジェクション用にシフトしているのが現状です。
幅広く強いトルクバンドと安定した走り
さらにキャブ車の様なドコドコ感をも兼ね備えていることで好評を得ているツインテック。
日本国内の年間装着台数約1,000台という普及率に甘んじる事なく
メーカー側と一丸となって日々開発を続け、 現行のCAN-BUSに対応し
5世代目(G5)をリリースする運びとなりました。

今までいたずらに三拍子アイドリングを売り文句にせず
それによる油圧と充電量低下の対策テストを3年に渡って行い
今回より対策条件付で、何よりしっかり安定した三拍子アイドリング
(600rpm)のセッティングも解禁しました!

Daytona Twin Tec TCFI-4-Japan Version

デイトナ ツインテック TCFI-4 フルコントロールEFIシステム
ジャパンバージョン
99~11 ビッグツイン & 07~13 XLスポーツスター インジェクションモデル用キット

TCFI4

 

 

フルキット ¥148,000‐(外税)
取付・セッティング・保守 ¥55,000‐(外税)
※2018年6月時の価格です。
最新の価格はお問い合わせ下さい。

【対応】

  • 1999~2011年 ビッグツイン
    ※2011年 ソフテイルを除く
  • 2007~2013年 XLスポーツスター

※マグネッティマレリ社製インジェクションモデル(1999~2001)は
スロットルボディの交換等により対応しています。
詳しくはお問い合わせください。

デイトナ ツインテック TCFI-4 フルコントロールEFIシステム ジャパンバージョンについて

数多くのインジェクションモデル用フルコントローラーの取付・セッティング作業を行なってきた中で
サンダンスではTCFIを開発したデイトナツインテック社のセットアップ方法と基本設定値を遵守しつつ
アイドル回転数を高く設定するアメリカ本国では想定されることのなかった
トータルセッティングを煮詰めた結果
ツインテックのインジェクションシステムにキャブレターの“味わい”を持たせることに成功しました。

それはデイトナ ツインテック社の社長であり開発者でもあるクリス氏からも太鼓判をもらうほどの内容で
ハーレーならではの鼓動感とリニアなレスポンスを実現するベストセラーキャブレター
“サンダンスFCR”を始め様々なキャブレターメーカーの開発に携わってきたサンダンス代表・柴崎氏が
自信を持ってリリースできるフィーリングとなりました。

「インジェクションはキャブレターより面白味がない・・・」と言われる時代は、ここに終焉しました。

Daytona Twin Tec TC88 Digital Ignition Modules-Japan Version For Carburetor-type Big Twins & XL’s

デイトナツインテック ・デジタルイグニッションモジュール ジャパンバージョン
ビッグツイン & XLスポーツスター  キャブレター装着モデル用 

EC005 / EC006

¥35,000-(外税)

【対応】

  • EC005 : 1999~2003年 ツインカムモデル
  • EC006 : 2004~2006年 ツインカムモデ
          2004~2006年 エボリューション―XLスポーツスターモデル

 

デイトナツインテック ・デジタルイグニッションモジュール ジャパンバージョン
ビッグツイン & XLスポーツスター  キャブレター装着モデル用について

日本の交通事情を考慮し、パワフルかつテイストフルなジャパンバージョンのマッピングが施された
このツインテック製モジュールは、ツインカム‐ キャブレター車に対応する製品です。
その取り付けも配線の加工等は無しでボルトオンにより装着出来るため
作業時間も極めて短時間済むのも特徴。
また、すでにコチラの製品を装着されているユーザー様には
最新版のマッピングへと書き換えることも可能となっております。
ちなみに、メモリー機能付きのため、数時間前までの走行状況を記録することも可能。
現状のマシンの乗り味に不満のある方は、その違いを体感して下さい。

Daytona Twin Tec 1005 Digital Ignition-Japan Version For Carburetor-type Evo & Shovelhead Big Twins & XL's

デイトナツインテック デジタルイグニッションモジュール
エボリューション/ショベル  ビッグツイン&XLスポーツスター用

EC004

36,000‐(外税)

【対応】 

  • ショベル
  • 1970~1999 エボリューション‐ビッグツイン
  • ~2003 エボリューション―XLスポーツスター

 

デイトナツインテック デジタルイグニッションモジュール エボリューション/ショベル  ビッグツイン&XLスポーツスター用について

これまでH-Dらしいドコドコ感を得るためには
ポイント等のアナログ点火への換装が有効とされていましたが
このEVO及びショベルに対応するデジタルモジュールでは
アナログ点火と同等の低速安定性+高回転の伸びを獲得できるマッピングをインストール。
デジタルならではの特性を活かした優秀な製品となっています。
性能とテイストを両立する当社オススメのパーツです。

Daytona Twin Tec VT-i Digital Ignition-Japan Version For Carburetor-type Big Twins & XL’s W/ Mechanical Advance

デイトナツインテック VT-i ガバナー進角タイプイグニッションモジュール ジャパンバージョン
ビッグツイン & XLスポーツスター キャブレター装着モデル用

EC018

¥18,000-(外抜)

【対応】

  • ショベル
  • 1970~1999 エボリューション―ビッグツイン
デイトナツインテック VT-i ガバナー進角タイプイグニッションモジュール ジャパンバージョンについて

現行のH-D で採用されるドエルコントロールのデジタルの点火系コイルのまま
セミアナログ式に変更出来る世界初のガバナー式イグニッションです。
これまでのセミアナログ方式への変更はコイルの交換が必須でしたが、 このパーツなら無用。
安定したアイドリングとトルク感溢れる走りを実現します。
エボリューション以前のモデルに対応します。

Sundance / C-TEK Smart Battery Charger

サンダンス / シーテック スマートバッテリーチャージャー

GB001

¥20,000‐(外税)

本体ユニットや電磁ポンプ等々
電気の力を借りるパーツが多いEFIモデルにとって
大変重要なバッテリーを
完璧な状態に保つ当社おすすめの充電器です。

ハーレー社ではEFIモデルのXL系で2週間に一度
ビッグツインで1ヶ月に一度の満充電を推奨していますが
この製品の同梱のコネクターキットを使えば
ワンタッチで充電を開始。

弱化したバッテリー機能を復旧させる機能も付属します。
欧州車各メーカーで純正採用される信頼性も絶大です。

コネクターキットで接続しっぱなしでもOK。
「バッテリーコンディショナー」の異名どおり
完璧な状態を保ちます。

【VinTek】 Vintage-Look Coil

VinTekスクエアタイプ・ヴィンテージコイル

EC012

¥89,000‐(外税)

6V時代のH-Dに採用されたスクエアタイプのコイル。
そのルックスはそのままに、現代的な12V化
そしてデジタル点火用として製作されたコチラは
ボディーを金型から起こした拘りの商品です。

その内部のコイルも信頼性の高い日本製の
ドエルコントロール(コイルの焼けによる破損を抑える)
対応品を採用。
また、分解可能のためリペアも容易です。

なお、ポイントやダイナS 等には使用不可。
ツインテック製に対応しております。

【T-SPEC】 Billet Pick-Up Rotor

T-SPECストックイグニッション用削りだしピックアップローター

EC009

¥8,000‐(外税)

【対応】

  • ショベル
  • エボリューション

ブリキのプレス製ゆえトラブルが多発する純正ピックアップローター。
そのリペア部品となるこの製品は、センター部の強化のため削りだしで製作したもの。
レース用や補修の際にお役立て下さい。

mailby feather